看護師の資格を取るのに苦労する

看護師の資格を取るのに苦労する 看護師の国家試験の合格率は90%前後と決して低い数字ではありません。
ではなぜ資格取得が難しいのでしょうか。
それは資格取得の直接の試験である国家試験ではなく、各学年にある実習が理由だと思います。
看護師になるために実習ははじめのうちは患者さんとコミュニケーションを取ることがメインの実習であることが多いです。
しかし学年が上がり、例えば看護専門学校の3年生の実習では専門的な深い知識が求められます。
医療行為である注射などは出来ませんが、実習で担当になった患者さんがなぜその治療を行っているのか、そしてなぜこの疾患にかかっているのかなどさまざまな角度から患者さんを見ることがでなければ実習に合格でません。
そして、それを理解するため、理解していることを教員や病棟の指導者であるスタッフに示すために行う記録がとても多く山のように感じる学生も少なくありません。
記録に追われ睡眠時間も確保できない事も多いです。
看護師になるためには国家試験が必須ですが、その国家試験をたどり着くまでがとても難しく苦労する点だと言えます。

看護師はどんな資格が必要なの?

看護師はどんな資格が必要なの? 社会貢献が出来、収入も高く、安定している職業として人気の看護師。
看護師になるためにはどんな資格が必要なのでしょうか?まずは学校で看護を学ばなくてはなりません。
看護を学べる学校には、看護系大学(4年)、看護系短期大学(3年)、看護専門学校(3年)などがあります。
このような学校で看護の基礎や臨床を講義と実習で学び、卒業した方に看護師国家試験を受験する資格が与えられます。
そして試験の合格者には厚生労働大臣から看護師免許が公布されます。
長い道のりに思えますが、この国家試験の合格率は90%前後と高く、看護系の学校を卒業した方なら合格するのはさほど難しくはないようです。
試験は必修問題、一般問題、状況設定問題の3区分で出題され、1日で全て行われます。
1度免許を取ってしまえば一生有効な資格なので頑張って取得したいですね。
高齢化社会ということもあり、多くの病院で必要とされているお仕事、人気の職業なのも納得です。