自治体が開催する看護師セミナー

自治体が開催する看護師セミナー 自治体が看護師のためにセミナーを行う場合があります。
自治体が行うセミナーの内容ですが、県立病院などと連携して最新の医療を経験できる場合があります。
育児などでブランクのある看護師に対しては、採血の実習を行ったりするなど看護師としての基本的な技術を学べる場合もあります。
その他の技術に関しては経験豊富なベテラン看護師が講義をしたり、DVDで学習する場合もあります。
医療技術に関しては医師が講習をしたり、製薬会社のスタッフが講義をする場合もあります。
医療をめぐる法改正もたくさんあります。
法改正については県の担当部局のスタッフが話をします。
場合によっては厚生労働省のスタッフが講義を行う場合もあります。
再就職のための面接会を同時に行う場合もあり、就職したい人が集まる場合もあります。
自治体が行う場合は税金で費用を賄うため、原則的には参加費用は無料となっています。
稀に有料の場合もありますが、かなり低額です。

無料で参加できる看護師セミナー

無料で参加できる看護師セミナー 看護師を対象としたセミナーは数多くあり、スキルアップを目的としたもの、ブランクのある看護師の復職をサポートするためのもの、管理職のためのものといったようにその種類も様々です。
このうち、スキルアップや管理職のためのセミナーは有料になっていることが多いのですが、ブランクのある看護師の復職サポートを目的としたセミナーは無料となっているところも少なくありません。
こうしたセミナーでは基本的な知識や技術のおさらいができるのが特徴ですので、現在、育児や介護など家庭の事情で職を離れているものの、いずれ復職を考えているのであれば、時間を見つけて参加しておくとよいでしょう。
特に数年間のブランクがあると働いていた時に比べて、看護師に求められる医療知識や医療の傾向、看護技術などが大きく異なっていることがあります。
ですので、今すぐ復職するわけではなくとも、無料であれば知識を増やせるというメリットだけがあり、デメリットはありませんので、今後のために参加しておいて損はないといえるのです。